管理人:執筆者M

こんにちは! ■ブロガー■【経歴】飲食業界20余年■大阪在住■こちらのブログでは、飲食にまつわる話や新商品に関するニュースや商品レビュー、くらしの情報を中心にご紹介してゆきます。

ホーム&キッチン家電

シロカのコンベクション式ノンフライオーブンST-4N231と旧型ST-4A251との違いを比較!ST-4N231のレビュー・口コミを徹底検証♪性能や評価、評判もチェック♪

シロカ ノンフライオーブンST-4N231

シロカから新製品のコンベクション式ノンフライオーブンST-4N231が2022年3月12日に発売され、話題になっています。

このオーブンST-4N231は、旧型ST-4A251と違い「熱風で食材の表面を素早く焼き上げ、中に旨味と水分を閉じ込めることで、外はサクッと、中はふっくらジューシーな仕上がりになる」とコンベクションオーブンとしての特長をアピールしています。

また、油で揚げないから「脂質をからあげが56%、エビフライが92%、カロリーをからあげが29%、エビフライが58%カット」(試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター調べ)と脂質を大幅カットすることも特長ですね。

 

今回は、油で揚げないヘルシーな揚げ物料理が楽しめるシロカの新製品、コンベクション式ノンフライオーブンST-4N231をレビューします♪

ノンフライオーブンST-4N231のレビュー・口コミを徹底検証し、性能から特徴まで丸裸にしちゃいました♪

 

 

シロカのコンベクション式ノンフライオーブンST-4N231のレビュー・口コミを徹底検証♪

シロカのST-4N231はまだ発売間もないので、レビューは見つかりませんでした。

今後発売後にレビューが増えてくると思いますので、また更新させて頂きますね^^

Twitterツイート・評判も出次第、ご紹介していきます♪

 

シロカのST-4N231の残念なレビュー・口コミ

 

シロカのST-4N231の良いレビュー・口コミ

 

Twitterでのツイート・評判

シロカのコンベクション式ノンフライオーブンST-4N231の性能・スペック・価格と特徴

 

シロカのST-4N231の性能・スペック・価格

消費電力 1200W
本体外寸サイズ 38(幅)×24(高さ)×31(奥行)cm
庫内有効サイズ 25(幅)×7(高さ)×24(奥行)cm
重量 約3.9kg(付属品除く)
コード長 約1.1m
ボディカラー ホワイトとレッドの2種類
タイマー 最大60分
価格 16,500円(税込)

 

シロカのST-4N231の特徴

・油を使わずに揚げ物ができるノンフライ機能
からあげやとんかつ、海老フライなど、脂質を大幅カットした調理ができる。
しかも調理に使った油の処理や油はねなど、後片付けの手間が省けてしまう便利さ。

・トーストも一度に4枚焼ける。
ピザなら直径22㎝も切らずに焼ける。

・100℃~250℃まで温度設定

・コンベクションの庫内の熱ムラが起きにくいので、
本格的オーブン調理もパエリアやローストビーフ、グラタンなども、美味しくできる。

・お手入れしやすいパントレーなので、
取り外して丸洗いが可能、いつでも清潔に使える。

 

 

シロカのコンベクション式ノンフライオーブンST-4N231レビュー・口コミを徹底検証♪ST-4N231の性能や評価、評判もチェック♪|まとめ

ST-4N231は、熱風で食材の表面を素早く焼き上げ、中に旨味と水分を閉じ込めることで、外はサクッと、中はふっくらジューシーな仕上がりになる性能の良さ

また、脂質を大幅にカットできることからヘルシーな調理ができることも今までにない特長です。

脂質をできるだけ抑えたい、そんな方にシロカのコンベクション式ノンフライオーブンST-4N231は健康的な調理を提案している商品です。

使い方によってはコスパに優れたコンベクションオーブンですね♪

(写真、スペック、カスタムレビューなど、公式サイト・Amazon店より引用)

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-ホーム&キッチン家電

© 2022 知っ得情報 - グルメ・飲食・生活系 ブログblog Powered by AFFINGER5