管理人:執筆者M

こんにちは! ■ブロガー■【経歴】飲食業界20余年■大阪在住■こちらのブログでは、飲食にまつわる話や新商品に関するニュースや商品レビュー、くらしの情報を中心にご紹介してゆきます。

ホーム&キッチン家電

シロカ 電子レンジ SX-18D132の違い!圧倒的にシロカ 電子レンジ SX-18D132がおすすめな4つの理由とレビュー・口コミを徹底検証♪評価、評判メリットデメリットもチェック♪

シロカ 電子レンジ SX-18D132

シロカは2021年10月30日、加熱ムラなどによる失敗の多い電子レンジでの解凍に着目し『SX-18D132』を発売しました。SX-18D132は、シロカ独自のプログラムで上手に解凍できる電子レンジです。

近年、内食・中食需要の高まりにより、冷凍食品やお弁当・お惣菜の消費に加え、食材をまとめ買いし、冷凍保存して使う家庭が増加しています。そんな中、冷凍ご飯のコロッケなどの総菜の温め直しや、ホットミルクなどホットドリンクづくり、冷凍食品の解凍調理など、便利に使える製品です。

他メーカー品との違いは、解凍が得意で、薄切り肉・肉/魚・刺身、野菜が葉野菜・根菜で分かれるなどメニューが充実。ひと通りのことがオートメニューでできるうえに価格も実勢価格で15,980円程度とかなりのお値打ち価格になっています。

今回登場したSX-18D132は、解凍時間は長めですが、凍っているところはなく解凍でき、ふわふわの仕上がりにできると評判も高く、オートメニューが充実している電子レンジとしては価格もお値打ちで人気の秘密がわかります。

今回は、メーカー品であっても加熱ムラなどによる失敗の多い電子レンジの中でもとりわけシロカ独自のプログラムで上手に解凍できる電子レンジと評判の『シロカ 電子レンジ SX-18D132』をレビューします♪

シロカ 電子レンジ SX-18D132のレビュー・口コミを徹底検証し、性能から特徴まで丸裸にしちゃいました♪

 

 

シロカ 電子レンジ SX-18D132がおすすめな理由・特徴

『シロカ 電子レンジ SX-18D132』の特徴をご紹介します♪

 

高出力×湿度センサーで確実に温めできる

900Wの高出力インバーターと湿度センサーにより、お惣菜やお弁当などをワンタッチですばやくあたためることができます。湿度センサーにより、自動※1で最適なあたため具合に仕上げてくれるため、時間設定不要で便利です。

 

ムラなく上手に解凍できる!

電子レンジで上手に解凍するためには、電力を弱めて出力を下げる必要があり、同価格帯の単機能レンジでは比較的高い出力を断続的にかけることで解凍を行うことが多いですが、本製品は低い出力を断続的にかけることで解凍を行うため、冷凍保存したひき肉や、刺身のサクといった加減の難しい食材も、熱が入りすぎることを防ぎ、加熱ムラを抑えます。

 

汚れがつきにくくふき取りやすい「さっピカコート」でお手入れ簡単!

こびりついてお掃除しづらかった調味料や油分など、庫内の汚れを簡単にふき取ることができるため、お手入れも簡単で毎日清潔に使えます。

 

便利なオートメニューと、シンプルなデザインで使いやすい!

扉は運転時のみ庫内が見えるミラーガラスで、キッチンに置いてもすっきりとした印象に。操作パネルのボタンは、見やすく、押し間違いのないよう、大きく分かりやすい配置。

 

 

シロカ 電子レンジ SX-18D132のレビュー・口コミ・評判を徹底検証♪

 

シロカ 電子レンジ SX-18D132の残念なレビュー・口コミ・評判

シロカ 電子レンジ SX-18D132はまだ発売間もないので、レビューはほとんどなく残念なレビュー・口コミは見つかりませんでした。

今後発売後にレビューが増えてくると思いますので、また更新させて頂きますね^^

 

 

 

シロカ 電子レンジ SX-18D132の良いレビュー・口コミ・評判

解凍が得意な単機能レンジを探していたところ、パナと迷った末にこちらを選択しました。
選んだ理由としては解凍に対して細やかな設定が可能であることと価格がリーズナブルであることでした。
実際使ってみたところまず解凍がいい感じです。冷凍コロッケは冷凍あたためモードで自動で熱々になり、冷凍のスモークサーモンも刺身モードで食べごろに解凍してくれます。
冷凍した離乳食も自動あたためモードで仕上がりを弱に設定するとちょうど良い温度に温めてくれ、時短になります。
この価格で蒸気センサーを搭載し、100wと200wを使い分ける解凍に対するこだわり、さらにデザインも良いということで大手の安心感を蹴ってシロカを購入しましたが間違いではなかったとおもいます。
今後のシロカの成長に期待します。

 

 

暖めるだけにしては高くない!
タイトル通り、最初にそう思いました。いや、思っていました。
今までンゴ〜と音を出しながらクルクル回るレンジを使用していましたが、回らない方がいいレンジと言うことを聞き、Amazonで検索。出てくるオーブンレンジ。いや高くね!?と思いつついろいろ検索。こちらにたどり着きました。
これならクルクル回らないし暖めるだけじゃん!!と思いこの商品を見ましたが、値段はやはり安いレンジと比べて3台買える位の値段。高くね!?でもこれしか無くね!?ということで購入。

届いてから開けてみると写真の通りまぁ綺麗。そしてお洒落。(扉が綺麗すぎて写真が反射してます…!)あ、作りから違うんだ。と思いつつ使用。
明らかに今までのレンジと違うのはやはり暖める能力で、このレンジに入れてしまえばカチコチに固まったお肉、お米、冷蔵した惣菜、どれもこれも端っこアチアチ中カチカチ。みたいなことはなく、バッチリ完璧な状態で出てきます。
タイトルには思った事を書きましたが、ここには結果を書きます。単機能レンジの中でかなり上位の部類だと思います。買って損なし。

 

 

温めてと解凍は素晴らしい商品です、私は同時期にエアーフライヤーオーブンを買いました、とても良いコンビで料理が楽しみです

 

 

オーブンレンジが壊れたので購入。
テレビショッピングの下取りで購入仕様かと思ったけど、送料が約千円、リサイクル料550円なので今回はAmazonで購入しました。午後3時台に注文して次の日の10時半頃に届きました。
(送料も無料だし、自分で自治体の所に処分だと500円だったので)
使い勝手は問題なく使えてます。
ボタンを押す音や終了の音量調整があれば凄く良い。サイレンか音アリしか出来ないのが…。戸建てなので問題無いですが。
扉を閉める時に勢いがあると、バン!となるので子供にゆっくり閉めてねと教えました。

 

 

デザインがシンプルでデジタル表示も見やすく、何よりミラー仕様がなかなか格好良い!
加熱はまんべんなく温まるのでとっても優秀です。
排熱の音がやや大きいと感じます。そこが少し気になりますが、この値段で基本的な機能は備えてあるし、使いやすいと実感出来ます。オススメです!

 

 

シロカ 電子レンジ SX-18D132の性能スペック

型番:SX-18D132
電圧:交流100V
周波数:50/60Hz共用
消費電力:1350W
本体重量(約):9.0kg
庫内容量(約):18L
コード長(約):1.5m
レンジ出力:900W※、600W、500W、200W相当、100W相当
庫内構造:フラット式
センサー:湿度センサー
自動メニュー数:11
外形寸法(約):幅458mm×奥行350mm×高さ282mm
加熱室有効寸法(約):幅295mm×奥行324mm×高さ181mm

 

シロカ 電子レンジ SX-18D132の購入者紹介動画

 

 

シロカ 電子レンジ SX-18D132の違い!圧倒的にシロカ 電子レンジ SX-18D132がおすすめな4つの理由とレビュー・口コミを徹底検証♪評価、評判メリットデメリットもチェック♪|まとめ

今回、圧倒的にシロカ 電子レンジ SX-18D132がおすすめな4つの理由を紹介しました。

加熱ムラなどによる失敗の多い電子レンジでの解凍に着目し、シロカ独自のプログラムで上手に解凍できる電子レンジを2021年10月30日より発売しています。

高出力ですばやくあたため&独自プログラムでムラなく解凍できるとあって、SX-18D132は人気を博しつつあります。

SX-18D132は、使い方によってはコスパに優れた一台です。

(画像、スペック、カスタムレビューなど、公式サイト・siroca(シロカ)のAmazon店より引用)

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-ホーム&キッチン家電

© 2022 知っ得情報 - グルメ・飲食・生活系 ブログblog Powered by AFFINGER5