管理人:執筆者M

こんにちは! ■ブロガー■【経歴】飲食業界20余年■大阪在住■こちらのブログでは、飲食にまつわる話や新商品に関するニュースや商品レビュー、くらしの情報を中心にご紹介してゆきます。

ホーム&キッチン家電

イワタニ 炙りや(炉端焼き機) といえば新型Ⅱ cb-abr-2!旧型cb-abr-1との違いやおすすめな理由・口コミと炙りやをBBQ器に変貌させる極三点も紹介!

新型炙りやII CB-ABR-2

イワタニから炉ばた焼器 炙りやが新しくなって、炙りやII CB-ABR-2が発売されましたね。

でも、イワタニの 炙りや Ⅱの旧型との違いは?

イワタニの新型炙りやII CB-ABR-2と旧型のCB-ABR-1の違いはほとんどボディカラーだけなのですが、たいへんな人気みたいです

それで、私も疑問を感じ、イワタニの 炙りや Ⅱ新型の旧型との違いってボディカラーが違うほか、細かい所はどうなの?スペックの違いとかも確認したいと思って、イワタニの炙りやII CB-ABR-2と旧型のCB-ABR-1とのスペックなどを比べてみたんですが、最終的に私もイワタニ炙りやII CB-ABR-2に落ち着きました。

 

人気の秘密は( ^ω^)・・・

強火から弱火まで無段階の火力調節ができます。
魚介類やお肉、野菜に干物に、お餅まで。
インドアでもアウトドアでも、いろんな材料を炙って楽しめます。

卓上で七輪焼きの楽しさが味わえる!って、炉ばた焼器 "炙りやⅡ"が話題になっているようですね♪

 

しかも、

本格業務用の炉端焼き器ってけっこう高いですが

でもこのイワタニ カセットガス炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2なら、

7,000円ほどで、

家でも手軽に炉端焼きや串焼きが、楽しめるんです♪

 

それでも、イワタニの炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2ってまだちょっと高いから躊躇しているって人も多いかもしれませんね。

イワタニ 炙りや Ⅱの旧型との違いは何か、実際に炙りやII CB-ABR-2と旧型のCB-ABR-1を使ってみて、詳細がわかったので、お伝えしていきます。

 

また、さらにこの記事、イワタニ 炙りや Ⅱの旧型との違いの一番さいごに、炙りやをBBQ器に変貌させる極三点セットも追記で紹介します。

炉ばた焼器 炙りやにセットできる、極厚バーベキュー鉄板 板厚6.0mm
これがあれば更に料理の幅が広がり、分厚いステーキお好み焼きもしっかり焼き上げることができます。イワタニ 炙りや Ⅱの旧型との違いどころか、炙りやが高級料理店のBBQ器に変貌するんですね。これはイワタニ 炙りや Ⅱの旧型との違い以上に紹介しておかなきゃと思いましたので、この記事のいちばん最後をぜひご覧ください。

わたしが炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2がおすすめな理由・口コミ

 

イワタニ 炙りや(炉端焼き機) Ⅱなら手軽に炉端焼きができる

イワタニの炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2を家庭の卓上で、七輪のような炙り焼き・炉ばた焼きができるので試してみましたがそれがとてもいいんです。

魚介類の網焼きもできて、焼きたての美味しさを自分達の目の前で楽しめます。

私は率直に、Amazonでも評価の高かった炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2がいいなと思いました。

 

最初の印象は手軽に炉端焼きが家の中でも楽しめると思ったし、見た目もしっくり来るので良かったんですが、でも持ち運ぶとなると・・・ちょっと重いかな?でした。

なんと重さが約2.4kgで、意外と軽いんです。専用のバッグもありました。

新型炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2の場合、他の炉端焼き器と比べてみたことないのですが意外と軽いので、持ち運びも楽に感じました。

 

ホットプレートと違う七輪のような楽しみもあるので、それが一番の楽しみになりました。

それほど重さがなくて、良かったです。

しかも場所を問わないというのは、ホットプレートではできない使い方が楽しめるんです。

たとえば、このTwitterのツイート見てください!

釣り人にも使えるって、ほかに無いですよ♪

 

 

インドアでもアウトドアでも、網焼きも串焼きも楽しめる

新型の炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2は、インドアでもアウトドアでも、網焼きでも串焼きでも、ダブルで楽しめます。

手軽なカセットボンベを燃料にしているので、どこにでも持ち運びできます。

 

家庭のダイニングテーブルで七輪のような炙り焼きや、網焼きでも串焼きでも、焼きたての美味しさを楽しめます。

これは大きな魅力です。

炉端焼きって、これまで専門店にでも行かなければ楽しめなかったので、家庭で楽しめるっていいですね♪

 

 

輻射熱で火を通しムラなく美味しく焼ける

ガスの炎で輻射板を赤熱させ、輻射板から放射される輻射熱だから、ムラなく焼き上がるので、何を焼いても美味しい♪

 

他の人もAmazonのカスタムレビューに書いていましたが、遠赤外線ならではの、肉も野菜も水分が飛ばずにふっくら焼きあがり、市販のウインナーをただ焼くだけでも違いを感じるほど美味しいです。

たとえば、ホッケを役にせよ、焼き始めは強火で焼き、焼きあがれば皮面を下に弱火にすると、ホッケは皮が分厚いために熱々がずっと味わえます。

アジの干物、サンマの一夜干し、イカの一夜干しを焼いてみましたが、
皮はパリッと、焦がさず、しっかり焼けます。

 

じっくり時間をかけて焼く料理が良いようです。

焼き鳥、焼き野菜、ステーキ肉など、ぜんぶに良い感じです。

今後は、屋外のキャンプなどでも使ってみたいと思います。

考えつくされた、炉端焼き器ということがわかります。

 

部品の点数が少ないので、手入れもラク!

スタイリッシュにインテリア性UP。また多様な料理に使われることを想定して熱に対する安全性を高めたとあります。

どこに置いても、しっくりします。

いいデザインとカラーが、とても気に入りました。しかも、炙りやは、部品の点数が少ないので手入れも楽ですよ♪

また、安いほうの旧型炉ばた焼器 炙りやもいいんです。

長く使うことを考えて、炙りやⅡを選びました。

 

 

 

イワタニ 炙りやII CB-ABR-2と旧型のCB-ABR-1のスペックの違い

公式サイトのスペックのところを見ても、イワタニの炙りやII CB-ABR-2と旧型のCB-ABR-1との違いはカラーだけと言われています。

ほかは、炙りやIIの焼網がメッキ加工でなくなったこと。これは、見た目には分からないでしょう。

 

それだけイワタニの炙りやは炉ばた焼器として完成しているってことだと思います。

しかし、実際にはどうなんだろうと思う方もおられると思いますので、それぞれのスペックを公式サイトより引用し、以下に明らかにします。

 

旧型炙りやのCB-ABR-1のスペック

本体サイズ 409(幅)×214(奥行)×134(高さ)mm
焼網サイズ 約280×180mm
重量 約2.4kg
カラー メタリックブラウン
材質 本体:鋼板(粉体塗装)
焼網:スチール(メッキ加工)
串焼きステー:スチール(メッキ加工)
U字バーナー:スチール(メッキ加工)
しる受けトレー(水皿):スチール(ホーロー加工)
器具せんつまみ:ABS樹脂
ガス消費量 約169g/h
連続燃焼時間 約90分
点火方式 圧電点火方式
安全装置 圧力感知安全装置、他
容器着脱方式 マグネット方式
使用ガス イワタニカセットガス
生産国 日本

 

新型炙りやII CB-ABR-2のスペック

本体サイズ 409(幅)×214(奥行)×134(高さ)mm
焼網サイズ 約280×180mm
重量 約2.4kg
カラー マットブラック
材質 本体:鋼板(粉体塗装)
焼網:ステンレス
串焼きステー:スチール(メッキ加工)
U字バーナー:スチール(メッキ加工)
しる受けトレー(水皿):スチール(ホーロー加工)
器具せんつまみ:ABS樹脂
ガス消費量 約169g/h
連続燃焼時間 約90分
点火方式 圧電点火方式
安全装置 圧力感知安全装置、他
容器着脱方式 マグネット方式
使用ガス イワタニカセットガス
生産国 日本

イワタニ 炙りや Ⅱの旧型との違いについて紹介してきましたが、予算的に、すこしでも安いほうが…という方は、旧型炉ばた焼器 炙りやをおすすめします。

メタリックブラウンがお気に入りって思うなら、その方も旧型ですね。

在庫がなくなる前に、早めに購入したほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

(画像、スペック、カスタムレビュー Amazonより引用)

 

イワタニ 炙りや(炉端焼き機) といえば新型Ⅱ cb-abr-2!旧型cb-abr-1との違いやおすすめな理由・口コミと炙りやをBBQ器に変貌させる極三点も紹介!|まとめ

 

イワタニの炙りや ⅱと旧型との違いはほとんど無くて、どちらも高性能な炉ばた焼器であったことと、4つの理由で新型炙りやII CB-ABR-2を選んだが、さらに高性能にできると知った、炙りやをBBQ器に変貌させる極三点、プロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテムです。

イワタニ 炉ばた焼器 炙りや 専用グリルプレート(五徳・蓋・サイドトレー付き) 板厚6.0mmもこのあと紹介しますね♪

 

 

イワタニ 炙りや Ⅱと旧型との違い追記20210928■炙りやをBBQ器に変貌させる極三点も紹介!

炙りやをBBQ器に変貌させる極三点風景

炙りやをBBQ器に変貌させる極三点風景

 

ここまで、イワタニ 炙りや Ⅱの旧型との違いと炙りやがおすすめな4つの理由も紹介してきましたが、さらに炉ばた焼器 炙りやにセットできる、極厚バーベキュー鉄板 板厚6.0mmの極三点セット、これも今回紹介します。

これがあれば、炉ばた焼器 炙りやといえどもなかなか上手に焼けなかった分厚いステーキお好み焼きもしっかり焼き上げることができる、イワタニの炙りやを高級料理店の厨房炉ばた焼器へと変貌させるものです。

イワタニの炙りやって、じつは完成されていたんですね。

 

それなのに旧型のCB-ABR-1から新型炙りやII CB-ABR-2にバージョンアップして、
実際はスペックを見てもほとんど何も変わっていない、進化していないってことに気づきました。

そうです。イワタニの 炙りや自体がほとんど、イワタニでできることはほとんで完成していたんです。だから違いがほぼ無いんです。

 

イワタニ 炙りや Ⅱの旧型との違い追記|分厚いステーキやお好み焼きも

その炙りや Ⅱと旧型との違いに目をつけたのが、よその会社です。
炙り以外で、もっと付加価値を付けられないかって考えたんですね。この考え方、おそらくドンピシャだと私は思っています。

その一つが今回ここで紹介しているプロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテム。 イワタニ 炉ばた焼器 炙りや 専用グリルプレート(五徳・蓋・サイドトレー付き) 極厚バーベキュー鉄板・厚6.0mmの三点セットです。

これは極めつけですよ。

日本人が大好きな、分厚いステーキ、そしてお好み焼きがとても美味しく焼けるんですよー!!ホント!

板厚6.0mmの三点セットの使い方動画も紹介します。

このあと、さらに使い方を動画で紹介していきますね。炙りやを極厚バーベキュー鉄板で使いたいと思われる方はぜひご覧ください。

 

 

イワタニ 炙りや Ⅱと旧型との違い追記20210928【動画】イワタニの炙りやを高級料理店の厨房へと変貌させる極三点セットの使い方

 

 

炙りや Ⅱ新型の旧型との違いと題したこちらの記事に追加したこの記事。YouTubeでみつおキャンプさんの動画、【無限の旨味へ】イワタニの炙りやを高級料理店の厨房へと変貌させる極三点セットの紹介【極厚鉄板】動画を追記しました。ご参考にご覧ください。

この三点セットを使う時の注意点は、鉄板が分厚いので熱を蓄熱し、分厚いステーキやお好み焼きもよく焼けるのですが、その分高温になるので十分換気をよくしないと周りが暑くなってしまうことです。

アウトドアで使う分にはよくても、部屋の中で使う時は注意していただきたいポイントです。

よく熱が通って、分厚いステーキやお好み焼きがよく焼けるので仕方がないと言えばそれまでですが、その辺りを十分注意していただければと思います。

さらに、炉ばた焼器 炙りやをBBQ器に変貌させる極三点セット

本格的なBBQを求めるあなたへ・・・
必見!超レアな極厚バーベキュー鉄板はこれ!!という素晴らしいBBQツールです!分厚いステーキお好み焼きも中までしっかり焼き上げる!ことができます。

プロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテム。 イワタニ 炉ばた焼器 炙りや 専用グリルプレート(五徳・蓋・サイドトレー付き) 板厚6.0mm

 

 

イワタニ 炉ばた焼器 炙りや 対応 グリルプレート(五徳・蓋・サイドトレー付き) 板厚6.0mm (グリルプレートのセットとイワタニ 炉ばた焼器 炙りやは別々の販売です)

 

 

 

今ちまたで人気のイワタニ 炙りやⅡ。すごい人気ですね。
この流行は当分止みそうにないです。

ところで今人気の炙りや。
新品で買うのも良いですが、
Amazonで買うよりもっとお得に買う方法がありますよ。もちろんその辺りのネット通販より全然安く買えます。
お得にイワタニ 炙りやを買えるその方法とはオークファンのことです。
オークファンなら炙りやを爆安価格で手に入ります。中古も新品もあります。中には非売品のレア物も。。。

新型炙りやII CB-ABR-2

新型炙りやII CB-ABR-2

 

 

炙りやがオークファンなら中古が多いですが約半額で買うことができたりもします。
お得満載のオークファンを利用しない手はありません。
爆安・格安価格で炙りやを手に入れてあなたも街の人気者になりましょう!

 



(写真、スペック、カスタムレビューなど、MORIKAWAの楽天・Amazon店より引用)

 

関連記事

イワタニの炙りやと炎たこの違い!レビュー・口コミも徹底検証♪性能やメリットデメリット評価、評判もチェック♪

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-ホーム&キッチン家電

© 2022 知っ得情報 - グルメ・飲食・生活系 ブログblog Powered by AFFINGER5