管理人:Blogger・執筆者M

こんにちは! ■ブロガー■■こちらのブログでは、20年以上飲食店に店長としてマネジメントに携わった経験から、飲食にまつわる話や新商品に関するニュースや商品レビュー、くらしの情報を中心にご紹介してゆきます。【有資格】防犯設備士・交野市生活援助型サービス従事者(介護要支援)・大阪府移動支援従業者(精神障がい課程)・中型自動車AT限定運転免許

生活家電・ wifi

【2023年最新】EcoFlow(エコフロー)ポータブル電源 うるさい?口コミ評判・レビュー! 圧倒的にEcoFlowがおすすめな理由やどこの国?EcoFlowはどこで売ってる・売ってる場所!製品RIVER Max Plusリバーマックスプラスの違いを比較!大容量なのにフル充電は1.6時間で完了の高速充電!口コミでわかったEcoFlow の評価やメリットデメリットを徹底検証♪エコフロー 電源が入らない?怪しい?EcoFlow Technology Japan株式会社・どこの会社?リバー・リバーマックス・リバープロ・イーエフデルタ・DELTAデルタ 2シリーズのスペック性能や特長・寿命はある?性能を維持した使い方は?ポータブル電源のデメリットは?スマートホームパネル・ソーラーパネル 互換性・エコポイント・キャンペーン・タイムセール・故障の場合もチェック♪DELTA2デルタ2を追記!

EcoFlow(エコフロー)

「EcoFlow」は中国・深圳市のブランドです。2017/6/26に設立された会社です。東京都江東区に日本支社があります。詳しくはEcoFlow(エコフロー)社の会社情報と公共実績で詳述しますがここでは簡単に日本法人の会社情報に触れておきます。

会社名
EcoFlow Technology Japan株式会社

販売責任者
安齋 美子

運営事業所
東京都江東区南砂二丁目36番11号 プライムタワー東陽町8階

電話番号
050-3138-8158(お問い合わせ)
9:30-17:30(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)

メールアドレス
hello.jp@ecoflow.com(代表メールアドレス)

「EcoFlowポータブル電源シリーズ」は2時間もかからず高速充電できるとネットで評判です。さらに最近出たばかりの、「DELTA2」ならフル充電に約80分の爆速らしいのにはびっくりです。

EcoFlowのポータブル電源は「最速でフル充電できるうえ、家電が使えるし、液晶パネルもわかりやすく、USBの急速充電に対応してて使いやすく便利、充電方法も自宅のACなど4つもある」のでとても便利だなどと書かれています。

しかし「EcoFlow(エコフロー)ポータブル電源 うるさい」などと検索されていて、EcoFlowに限らずポータブル電源のファン音は車中泊やテントなどで電気毛布などを使って就寝する時、一晩中ファンが回っていると静かな場所では気になって寝付けないことがあります。

EcoFlowのポータブル電源はうるさいという噂もありますが、実際はEcoFlowのポータブル電源は良い口コミが多いのも事実です。要は使い方次第ということでしょう。

 

 

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

 

・EcoFlowのポータブル電源の評判の要因は急速フル充電。だけではありません。

・ワット数の高い家電も使える点も大きいです。
たとえばヘヤ―ドライヤを使ったところ600w~1200wでも444wの表示で使えたのがうれしい。以前停電した時に、災害用に購入してた時に9キロの洗濯に使えたのが良かった。

RIVER Maxでも、AC100Vコンセントを3口持っているし、普通の家電にも使えて、ノートパソコンなどの充電にも両方使えるのが便利です。

EFDELTAイーエフデルタかRIVER Plusリパープロに専用エクストラバッテリーを接続する形なら電子レンジも余裕で稼働出来ます。1000Wh以上、AC100Vも定格出力1500Wを選ぶと家電は何でも使えます。容量は予算が許す限り大きい物がいいですね。使い勝手を考えて、複数台持つのもいいです。まあキャンプに電子レンジ持っていくかどうかですが。。。

でも防災用としても考えるなら、これは頼りになります。もう1台購入検討しています。

 

・しかも、液晶パネル表示が見やすく、わかりやすい!
USBの急速充電にも対応してるのもPC/スマホなどに便利ですね!

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

・EcoFlowポータブル電源の充電方法として家庭用コンセント(AC)から急速フル充電することもできますし、車中泊やキャンプなどで車のシガーソケットを活用しての補充充電(走行充電など)もできます。
さらに、

出先やベランダ、庭などで太陽光を利用したエコなソーラー充電。EcoFlowのソーラー充電、ソーラーパネルは85w、110w、160w、220W(両面発電)400wとバリエーション豊富です。
EFDELTA1000のソーラー入力は最大400wまで。110wパネル✖️3枚で3.8時間で満充電可能。ソーラーパネルの入力接続はMC4なので、他のメーカーの汎用パネルも接続可能です。

発電機からの充電もできる点も見逃せません

つまりEcoFlowポータブル電源は、4つの充電方法から選べるというのも大きなメリットと言えます。

 

こういうわけで、EcoFlowは、とても使いやすい。と評判がいいんです。楽天やAmazonの売れ筋ランキングでも上位に表示される機種が多いのはこういう訳なんですね。

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

 

そして、今回新しく加わった「DELTA2」は、わずか50分で80%まで充電、約80分でフル充電できます。一般的な家電製品の90%以上を動かすことができ、バッテリー容量も1,024Whのパワフルなポータブル電源です。AC6口を含む合計15ポートが備わっており、1,500Wの高出力に対応しています。(2022/09/03追記)

 

従来からのEFDELTAイーエフデルタや、RIVER Plusリパープロに専用エクストラバッテリーを接続するのもいいですが、新製品の「DELTA2」も魅力的です。

 

EcoFlowはどこで売ってる?売ってる場所ですが、EcoFlow公式サイトもいいですし、手軽に早く手に入れるにはEcoFlowの楽天市場店も便利です。お得にいち早く手に入れたいと思ったら、ポイント還元などのある楽天市場店がおすすめです。

買う前に、商品をじっくり調べたいならEcoFlowの公式サイトがいろいろくわしくて便利だといえます。

 

以下では、EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源使った皆さんの口コミ・レビューを紹介します。

さらに、失敗しないEcoFlowの選び方、スペック性能や特長・使い方、会社情報などもも確認していきます。

 

製品が多すぎて何を基準に選べばいいのとお悩みの方は公式サイトの【失敗しないポータブル電源の選び方】を読めば15分でポイントが掴めます。

【失敗しないポータブル電源の選び方】

 

 

★★★EcoFlow(エコフロー)の公式サイトで期間限定キャンペーンを確認★★★

※リンク切れの場合、キャンペーンが終了しています。ご了承ください。
世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト



 

 

この記事で書かれている内容

圧倒的にEcoFlowがおすすめな理由

圧倒的にEcoFlowがおすすめです。

EcoFlowには他のポータブル電源の追随を許さない特長があるからです。

 

◆EcoFlowの特長◆

・充電速度が業界最速、めちゃくちゃ早い
・X-Boost機能(特許申請中)機能で消費電力の大きい家電も使用可能
・正弦波、さらに日本仕様の100V 50Hz・60Hzの調整可能
・スマホで遠隔操作も可能
・出力端子が多い
・DELTAシリーズは大容量で高出力
・RIVERシリーズはコンパクトで容量カスタマイズ可能
・エクストラバッテリーを使用すれば容量を増やせる
・バッテリー寿命が長い
・厳寒の-20℃でも出力できる
・LEDライトがついていて見やすい表示
・安全認証済み + 二年間製品保証
・無料配送
・目的・用途で選べる4容量210Wh〜3600Wh
・サポートは電話もメールも日本語対応

 

とくに日本法人ができてから、サポートが格段によくなりました。

これだけ優れたポータブル電源は見当たりません!

「EcoFlow(エコフロー)ポータブル電源 うるさい」などと検索されていて、そういう噂もありますが、実際はEcoFlowのポータブル電源は良い口コミが多いのも事実です。

なので、EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源が圧倒的におすすめなのです。

 

 

 

EcoFlow(エコフロー)の口コミ評判・使った人のレビューを徹底検証♪

それでは、EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源の口コミ・ツイートを確認し、評価、評判もチェックしていきましょう♪

EcoFlow(エコフロー)の口コミを徹底調査!
EcoFlow(エコフロー)の口コミを徹底調査しました。
調査対象は下記の一覧です。

【EcoFlow(エコフロー)の口コミ調査対象一覧】
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・楽天
・Amazon
・Yahooショッピング
・アットコスメ
・2ch
・5ch
・Wowma!
・公式サイト

 

他のサイトでも口コミは載っていますが、良い口コミしか載っていなかったり、どこから引用したか分からない怪しい口コミが多いので、当サイトでは、悪い口コミも掲載しています。

 

口コミを調査した中で気が付いたことは、
・公式サイト以外(Amazon、楽天、Yahooショッピング)で注文すると、ニセモノが届いたり、購入時のトラブルが起こっている場合があった
ということ。

それと、良い口コミと悪い口コミの傾向があったので、まとめてみました。

 

EcoFlow(エコフロー)の残念な口コミレビュー・エコフロー 電源が入らない等

液晶表示器の数字が正しく表示できない文字構成の一部分が欠けている
本体交換してください

商品到着後、ワクワクで開封してフル充電後、「いざ使おう!」と電源を押すが全く反応なし。
故障なのか何なのか分からず色々調べた後、サポートに連絡し初期不良の可能性ありとのこと。
到着して数時間後には発送先に帰っていきました。
明日からの連休で使おうと思ってたのに…

 

Amazonで購入して5ヶ月目に突然電源が入らなくなり修理に出す。 4回しか使用して無いのに何故?車中泊・リモートとか使えず残念。修理期間5営業日まで使えない状態。
基盤が悪かったらしくやっと戻って来ました。
やっと戻って来て5日目(全然使ってない)に電源を入れたら再び電源が入りません。
(良い加減にして貰いたい)
メールではいつ返事が来るか分からないためサポートセンターにTEL。

 

こちらのレビュアーさん達はEcoFlowのポータブル電源のモデルを買われています。

はじめの方はどうやら初期不良の液晶があたってしまったようですね・・・。

また、もうひとつの方も気になるのは、いくら新品でも電源が入らないという点です。

と、言うことは、このレビュアーさんの購入された個体はハズレ個体だった可能性が高く、いわゆる初期不良がだったと。。

いくら優秀なメーカーでも工業製品ですから初期不良は有り得ます。このような場合には、3番目の方の様にすぐにカスタマーサービスに連絡を入れ、相談してみることをおススメします。(この方はすぐに連絡を入れておられます。)

 


当面、新製品のデルタ2は公式サイトからの購入に限るようです。EcoFlowのAmazon店や楽天市場店では取り扱いは未定です。

くわしくはEcoFlowの公式サイトで確認したほうが良さそうです。

 

 

EcoFlow(エコフロー)の良い口コミレビュー・ツイート

 

 

ドライヤーや電子レンジ、冷蔵庫など高出力なワット数の大きい家電が使えるモデルがあるのがいいですね。

キャンプとかに持っていくのに、わざわざワット数の小さいキャンプ用を買わなくても、

サイズの大きさにも因りますが、自宅でふだん使い慣れてる家電を持って行っても、エコフローなら使える。そこは大きなポイントです。

 

 

 

 

 


EcoFlow ポータブル電源を褒めちぎりすぎていてEcoFlowが可愛そうですね(笑)

ですが、普段使いであれば、わざわざ高価なEFDELTAイーエフデルタのポータブル電源はいりません。
ですが、そのポータブル電源で本当に十分なのかは慎重に選ぶ必要があります。

「EcoFlow ポータブル電源 RIVER Max」は、Amazonのポータブル電源・蓄電池ジャンルの人気度ランキングで6位前後に付けており、人気商品であることがわかりますので、ポータブル電源を使い倒してきた私としては最低でもRIVER Maxをおススメします。

レビュアーさんの中に『ケチらなければ良かった』的なことを仰られている方がいました。

この点については私も思うところがありまして、あと5・6万円積んでおけば・・・

と後悔してますので、お財布に余裕があれば最低でもRIVER Max、さらに余裕があればハイエンドと言われるEcoFlow RIVER Pro以上をおススメします。

また、EcoFlow RIVER Proはストレージとして大容量なのは良いのですが、昨今の主流は爆速と言われるEFDELTAイーエフデルタにとってかわられています。

青森のねぶた祭りで使われたのも、8台のEFDELTAイーエフデルタでした。

単にストレージの容量単価が違うだけでなく、立ち上げ時間から起動時間にまで影響してくるパーツなので、今買うならケチってEcoFlow RIVER ProにするよりEFDELTAイーエフデルタにしといた方が出先でも自宅のようなストレスフリーなキャンプライフを送れますよ^^

 

製品が多すぎて何を基準に選べばいいのとお悩みの方は公式サイトの【失敗しないポータブル電源の選び方】を読めば15分でポイントが掴めます。

【失敗しないポータブル電源の選び方】

★★★EcoFlow(エコフロー)の公式サイトで期間限定キャンペーンを確認★★★

※リンク切れの場合、キャンペーンが終了しています。ご了承ください。

 

 

EcoFlow(エコフロー) の失敗しない選び方

 

「EcoFlowポータブル電源シリーズ」は大容量なのにフル充電は1.6時間で完了!容量も大きいのにコンパクト。

私も、高速充電を1番重要視してるので、エコフロー社製が一番です。この充電にかかる時間はポータブル電源業界では最速クラスを誇ります。
しかも、容量の大きな上位機種でも充電時間は同じところがスゴイです♪

 

自宅の電源、家庭用コンセント(AC)なら、1.6時間でフル充電できてしまうので、

使って帰ってきた後も、カラになっていても自宅で短時間でフル充電できてしまい、次への準備がしやすいです。
しかも充電して3週間ほったらかしで置いててて、全く減らなかった。これも便利な点です。

 

 

ポータブル電源とは、本体に内蔵されているバッテリーに予め電気を蓄え、電源コンセントがない場所で家電製品等に電気を供給するための可搬型の蓄電池として使える便利な代物です。

注意点として、EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源はフル充電も早くおススメですが、車中泊やキャンプ場などで外部電源などが確保できないとかなり充電がしんどいので電気でしか使えるものがない空調や室内灯、電気毛布やPC/スマホの充電に回したほうが良いかと思います。

電気ケトルや電気鍋(IHなど)は物すごく大量に電気を使いますので、できれば調理用には電気ではなくイワタニなどの風防付きガスコンロの方が使い勝手はよいでしょう。車中泊に限定すると安全に使えるという点は否定できませんが、個人的には出先でオール電化はおススメできません。

車載用の冷蔵庫を使うにしても、走行中は冷蔵庫オフにしてポータブル電源を上手に使う使い方が良いでしょう。

 

それと、EcoFlow(エコフロー) のポータブル電源はどんどん進化し続けています。

一体どれが新しくて、どれが古い型なのか分からなくなっていますね。

念のため、旧名称を記しておきます。

・容量288Whの「EcoFlow RIVER(旧名称:RIVER 600)」

・容量576Whの「EcoFlow RIVER Max(旧名称:RIVER 600 Max)」

・容量720Whの「EcoFlow RIVER Pro(旧名称:RIVER 600 Pro)」

 

旧番新番ともにAmazonや家電量販店などの通販サイトで販売し続けておりますが、最新機種は公式通販サイトで確認したほうがよいでしょう。

2022年6月現在、EcoFlowエコフローは、RIVERリバー・RIVER Maxリバーマックス・RIVER Proリバープロ・EFDELTAイーエフデルタの4シリーズになっております。(公式通販サイトより)

EcoFlow(エコフロー)の販売店は、一番お得に買うなら公式サイト。

EcoFlow(エコフロー)を一番お得(最安値)で買うなら公式サイトが一番おすすめ
AmazonやYahooショッピングでも買えるEcoFlow(エコフロー)ですが、一番お得に、一番安心して買えるのは公式サイトです。

EcoFlow(エコフロー)を公式サイトで買うと返金保証がある。

EcoFlow(エコフロー)を公式サイト以外で購入するならニセモノだけは気を付けて!!

 

自分の用途にピッタリな機種を選ぼうとする際に、

製品が多すぎて何を基準に選べばいいのとお悩みの方は公式サイトの【失敗しないポータブル電源の選び方】を読めば15分でポイントが掴めます。

【失敗しないポータブル電源の選び方】

 

EcoFlow(エコフロー)を一番お得(最安値)で買うなら公式サイトが一番おすすめ

AmazonやYahooショッピングでも買えるEcoFlow(エコフロー)ですが、一番お得に、一番安心して買えるのは公式サイトです。

 

★★★EcoFlow(エコフロー)の公式サイトで期間限定キャンペーンを確認★★★

※リンク切れの場合、キャンペーンが終了しています。ご了承ください。
世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

 

 

EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源イーエフデルタを車中泊、車上生活で使われている方の一例・紹介動画

※この動画は、EcoFlow社のサイトでも紹介されている動画の中の1本です。イーエフデルタの試用風景がおさめられています。

製品が多すぎて何を基準に選べばいいのとお悩みの方は公式サイトの【失敗しないポータブル電源の選び方】を読めば15分でポイントが掴めます。

【失敗しないポータブル電源の選び方】

 

 

EcoFlow(エコフロー)のスペック性能や特長・使い方・寿命と会社情報

ここからは『EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源』のスペック性能や特長・使い方を見ていきたいと思います♪念のために、会社情報も確認しておきます。

 

『EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源』RIVERリバー・RIVER Maxリバーマックス・RIVER Proリバープロ・EFDELTAイーエフデルタシリーズのスペック性能

・RIVERリバーのスペック性能

RIVERリバー

RIVERリバー

RIVERシリーズは出力数とバッテリー容量を必要最低限に抑えることで、コンパクトなボディに収まったポータブル電源です。

少人数でのデイキャンプやバーベキュー、車中泊の利用にぴったりです。

主な特長

  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 全モデルが専用アプリに対応
  • ライト機能搭載モデルも用意
  • 用途に合わせたバリエーションが豊富

 

 

・RIVER Maxリバーマックスのスペック性能

RIVER Maxリバーマックス

RIVER Maxリバーマックス

「EcoFlow RIVER Max」の容量は576Wh(160,000mAh)ですが、その実は本体容量288Whに専用エクストラバッテリー(288Wh)を取り付けた合計のバッテリー容量になります。

「EcoFlow」ではこの特長を「モジュール設計(組み合わせ設計)」としており、利用シーンに合わせてポータブル電源の容量をカスタマイズすることで、適した容量・サイズ・重さで使えるのが「EcoFlow RIVER Max」の魅力です。

以下表に充給電製品とその使用可能時間/回数をまとめましたので参考にしてください。(使用機器の残バッテリーや状態、使用状況によって異なります)

「EcoFlow RIVER Max」は専用アプリ(App Store / Google Play)をダウンロードして製品とペアリングし、スマホでポータブル電源をかんたんに制御することができます。

筆者的にはこのスマホ連携が「EcoFlow RIVER Max」最大の魅力だと感じており、周波数変更やライトのオンオフ、出力のオンオフなど手元ですぐ変更できるのは非常に便利です。

他にも以下のような設定項目が用意されておりますので、これまでのポータブル電源では手の届かなかった調整や設定を可能にします。

操作内容

  • LEDライトのオン/オフ
  • AC出力電源のオン/オフ
  • DC出力電源のオン/オフ
  • 周波数(50Hz/60Hz)の切り替え
  • X-Boost機能のオン/オフ
  • 最大充電量の設定
  • 静音充電のオン/オフ
  • ムードライトの調整/変更
  • バッテリー残量/残放電時間の確認
  • 入力値/出力値の確認
  • 気温の確認

 

定格出力600W ACコンセントx3口
1時間でゼロから80%へ充電
容量を288Whから576Whへ増加可能
(2倍アップ)
幅広い家電製品や機器に対応

 

 

・RIVER Proリバープロのスペック性能

RIVER Proリバープロ

RIVER Proリバープロ

「RIVER Pro」はRIVERシリーズの最上位機種にあたる大容量ポータブル電源です。

一番の特長は専用のエクストラバッテリーを追加することで、EFDELTAを超える超大容量のポータブル電源に変身できることです。

サイズがコンパクトなポータブル電源としてだったり、超大容量のポータブル電源としてだったりと、使い分けできるのが魅力です。

よく問われるEcoFlow RIVER Proの寿命ですが、リチウムイオン電池では使用回数(充電回数)で4000回前後、ほとんど使用しなかった場合なら10年前後が寿命の目安といえます。

主な特長

  • 初めての大容量ポータブル電源におすすめできる
  • 720Whの大容量バッテリー
  • ※720Whから1440Whへ追加もできるバッテリー
  • 専用エクストラバッテリー(別売)を接続すると容量2倍の1440Whへ
  • 定格出力は合計最大600W(瞬間最大出力は1,200W)
  • X-Boost機能で定格出力1200Wの電化製品にも対応
  • 最大10製品への同時給電が可能
  • 充電時間は0%から80%までなら1時間以内、フル充電なら1.6時間で完了
  • ひと目で分かりやすい液晶ディスプレイを搭載
  • スマホアプリでリモート操作や詳細な設定が可能
  • 110Wの純正ソーラーパネル2枚で最短4〜8時間で充電可能

 

「RIVER Pro」にはEcoFlow社の独自技術である「X-Streamテクノロジー」が搭載されており、1時間以内に約80%、1.6時間でフル充電できる充電スピードの早さが魅力です。

定格出力600W ACコンセントx3口、
1時間でゼロから80%へ充電
容量を720Whから1440Whへ増加可能
(2倍アップ)
幅広い家電製品や機器に対応、たとえば電気毛布一晩 2枚が使えるおすすめのポータブル電源であること!

これらは魅力です♪

 

 

・EFDELTAイーエフデルタのスペック性能

EFDELTAイーエフデルタ

EFDELTAイーエフデルタ

 

EcoFlow(エコフロー)公式通販サイト最強&大容量EFDELTAイーエフデルタ

DELTAシリーズはアウトドアシーンはもちろん、防災用電源としても十分なスペックを搭載しています。

ACポートが多く搭載されているため、電化製品中心に利用したい方におすすめです。

主な特長

  • RVでの旅行など様々なシーンでご利用いただける業界トップクラスの機能
  • 定格出力が大きく、ヘアドライヤーやオイルヒーターなどの消費電力が大きい家電でも可
  • 製品重量が10kg以上あり大型
  • 出力ポート数が多い。特にACポート数が多く、電化製品の同時使用に適する
  • 価格は最低10万円を超え、上位機種に該当する

 

1時間でゼロから80%へ充電
6x 1600W AC OUTLETS & 1260Wh CAPACITY
ソーラーやカーポートでの急速充電
最大13台のデバイスを同時充電

なお、

「EFDELTA」は、「RIVER(リバー)」の後継と位置づける機種。容量1260Wh、出力1600W(サージ3100W)の大容量・大出力を実現する。さらに、アダプターのないケーブルを通して、交流電源(AC)を高効率で直接充電させるという「X-Stream充電テクノロジー」も採用しています。

容量1260Wh、出力1600W(サージ3100W)の大容量・大出力を実現したモデル。独自機能として、アダプターのないケーブルを通して、交流電源(AC)を高効率で直接充電させる「X-Stream充電テクノロジー」を採用。

しかも、EcoFlow社が独自開発した超高速充電機能を搭載し、一般的なポータブル電源で8〜10時間程度必要だった充電時間が、0から80%までなら僅か1時間、フル充電でも2時間以下を実現。緊急時やアウトドアなど、様々な状況で真価を発揮します。

このほか、別売オプションの110Wソーラーチャージャーを使用して、最短4時間(理論値。最短充電には別途ソーラー接続用二股ケーブルが必要)での充電にも対応しています。

本体サイズは40(幅)×21(高さ)×27(奥行)cm、重量は13.6kg。

 

 

・DELTA Proデルタプロのスペック性能

中でも最新機種EcoFlowのDELTA Proはリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを採用したポータブル電源のため、次のような特徴を備えています。

・ほぼあらゆる電化製品に対応可能な高出力
・定格出力3000W、最大瞬間出力6000W
・消費電力の高い電子レンジやドライヤーを同時に使ってもまだ余りあるほど高い出力
・600Whという大容量で、長時間使い続けられる
・急速充電にも対応
・AC充電やシガーソケット充電、さらには全国のEVステーションでも充電可能

 

 

「EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源」の特長とエコポイント、他

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

EcoFlow(エコフロー)のポータブル電源

・正弦波、さらに日本仕様の100V 50Hz・60Hz調整可能

・圧倒的な業界最速の充電速度、さらにアプリで遠隔操作も可能

・DELTAシリーズは大容量で高出力

・RIVERシリーズはコンパクトで容量カスタマイズ可能

・安全認証済み + 二年間製品保証

・無料配送

・目的・用途で選べる4容量210Wh〜3600Wh

 

2022年1月17日(月)から始まった、EcoFlow公式オンラインストアの会員向けポイントサービス「エコポイント」。これはEcoFlow製品を購入する際に、購入金額200円毎にエコポイントが1ポイント付与され、獲得したエコポイントは次の購入時に利用できる特典クーポンへ交換することができるものです。

2021年ですが、EcoFlow社のポータブル電源が、権威あるメディアTIME誌が選ぶ「2021年の発明ベスト100(THE BEST INVENTIONS OF 2021)」に選出され、こちらも話題になりました。

さらに、EcoFlowのDELTA Pro、DELTA Max、400Wソーラーパネル、スマート発電機の4製品が世界三大デザイン賞の一つである「iF DESIGN AWARD(アイエフ・デザイン・アワード)2022」(以下iFデザイン賞)の「プロダクト部門」で受賞しました。2019年にEcoFlow RIVER等、3つの製品がiFデザイン賞を受賞して以来、今回が二度目の受賞です。

 

ドローンメーカーとして有名な「DJI」出身のメンバーによって、2017年に設立されたポータブル電源メーカー「EcoFlow(エコフロー)」

このEcoFlow(エコフロー)社は、中国の深圳(シンセン)市でドローンの分野で世界シェアトップと言われるDJIのバッテリー開発責任者が、2017年に設立したポータブルバッテリーの最先端企業です。

EcoFlow社は、大手企業の電源開発事業部のトップや化学材料メーカー経営者を含む元DJI社員が集まって起業したベンチャー企業です。技術的にもデザイン的にもとても素晴らしいですよ。今やポータブル電源界のリーダー的存在です。

makuake(クラウドファンディング)で支援金史上最高額を達成した会社でもあります。

 

 

競合他社との違いは、ドローンのバッテリーに求められる「軽量、大容量、安全性、各種情報のフィードバック」など、高度な要求を満たす製品開発の知識と経験を活かし「クリーンな電力」を「誰でも簡単にアクセス出来る社会」の実現を目指して、新しい製品を世界へ提供していることです。

そして、ここ日本にも日本支社、EcoFlow Technology Japan株式会社が設立され、防災対策からグランピング・DIY・EV緊急充電など様々なシーンで電力供給が可能な、大容量1260Whでも0〜80%僅か1時間で高速充電できるポータブルバッテリー「EFDELTA(イーエフデルタ)」を2020年1月から発売が開始されました。

 

EcoFlowエコフロー RIVER Max Plusリバーマックスプラス 違いは?と今も検索されることが多いようですが、2021年6月4日にEcoFlow RIVER PlusとRIVER Max PlusはRIVERシリーズに仲間入りし、清潔感のあるホワイトを基調とし、生活環境に馴染みやすい外観となりました。

さらに、電池容量は、RIVER Plusが360Wh、RIVER Max Plusが720Wh と通常バージョンよりも増量しました。RIVER Plusは、家庭でちょっとした電力を使用する場面に最適で、女性でも苦労することなく持ち運べる5.4kgの重さになりました。また、使用場面に応じて専用エクストラバッテリー(別途購入が必要)の取り付け・取り外しをすることで、容量を簡単にカスタマイズが可能に。さらに、RIVER Max Plusは大容量へと進化し、非常時などのいざという時に安心感を提供するものとなりました。

RIVER PlusとRIVER Max Plus両機種ともフル充電にかかる時間はたったの1.6時間で、車のシガーソケットやソーラーパネルからの充電にも対応しています。

このようにRIVER PlusとRIVER Max PlusがRIVERシリーズに仲間入りした後も、EcoFlowエコフローのポータブル電源機種がどんどん進化しております。

 

 

「EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源」の使い方/寿命はある?デメリットは?スマートホームパネル・ソーラーパネル 互換性は?

 

コンパクトで持ち運びも簡単なポータブル電源は、キャンプ、スポーツ、釣りなどのアウトドアシーンで使えます。

また、いざという時の緊急時にも最適です。

 

X-Boostモード設定をオンにすると、より幅広い家電製品に利用できます。

家庭用コンセント(AC充電)でのフル充電は高速充電。短時間で充電が可能です。

 

たとえば、EcoFlow RIVERはスマートインバータを内蔵するので、80%まで1時間以内で充電でき、100%までわずか1.6時間で充電ができます。

EcoFlow RIVERはEcoFlow ソーラーチャージャーと接続すれば、快晴の屋外でクリーンで信頼性の高い太陽光発電を行うことができます。110Wソーラーチャージャーを2台並列に接続した場合、1.6〜3時間で100%まで充電できます。

 

持ち運びに便利なキャリーハンドルが付属しています。車のトランク、コーヒーテーブル、屋外など、ポータブル電源をどこにでも容易に持ち運びできます。

 

エコフロー 使い方・寿命はある?リチウムイオン電池を長持ちさせる性能を維持した使い方は?

リチウムイオン電池を長持ちさせる方法は下記の通りです。

1、適温環境下での使用

極端な環境下での充電はやはりバッテリーに負荷がかかります。

一般的に約0℃ ~ 45℃の環境では問題なく充電ができますが、

約0℃を下回る寒い環境下はバッテリーに好ましくない影響を及ぼします。

バッテリーの保管や使用は、約0℃ ~ 45℃の範囲をおすすめいたします。

2、長期間使用しない時の保管方法

保管時は本体の充電容量を50~70%程度にして電源OFFにしてください。

また、高温・低温多湿を避け、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管してください。

安全上3ヶ月に一度程度、電源をONにして適切な充電容量を確認・維持し、各部の機能に異常が無いか確認をお願いいたします。

 

 

ECOFLOWポータブル電源としてのデメリットは?

ECOFLOWポータブル電源としてのデメリットは、必要な充電回数を減らしながら使う必要があることです。

リチウムイオン電池は消耗品ですので充電するたびに寿命が短くなることは避けられません。

放電容量の合計が100%になるごとに1サイクルとカウントされますので、

必要な充電回数を減らすことより不必要な充電をしないように気を付けて

使用することが長持ちポイントとなります。

とくに、大容量になると重くなるのがポータブル電源の避けられないデメリットです。

1000Wh以上のポータブル電源であれば、バッテリー切れになる心配もなく便利なのですが、重くて持ち運びが大変です。

 

 

ECOFLOWポータブル電源とスマートホームパネルの設置はどのように?

スマートホームパネルは現在、日本の規格に合わせたものを開発中でございます。

注意点として、スマートホームパネルの設置はそれほど難しいものではありませんが、日本の法律上、専門の業者にお願いする必要がございます。

・スマートホームパネルを設置するには、機材の取り付けと、各回路(最大10回路対応)のブレーカーとの接続が必要になります。DELTA Proを、分電盤や回路の間に入れるのではなく、DELTA Proが電源として、スマートホームパネル経由で各回路に電力を供給します。スマートホームパネルは、基本各回路のブレーカーとコンセントの間に入るイメージです。

・電気工事の際に10回路の配線を選択して接続工事を行う必要があります。DELTA Proで回路設定の変更などはできません。
・2台のDELTA Proに加えて、Double Voltageハブかスマートホームパネルがあれば、200Vの機器に対応できます。DELTA Pro2台でスマートホームパネルに接続した場合、200Vの回路を作ることができます。

・スマートホームパネルでDELTA Proの電気を使い切った場合、かつ、系統電力が安定して給電している場合、自動に系統電力に切り替えます。スマートホームパネルの取付はリフォーム業者や電気工事業者に工事を依頼する必要があります。

 

 

ECOFLOWポータブル電源と他社のソーラーパネルを接続して互換性、利用可能ですか?

他社様のソーラーパネルに関しましては互換性・動作保証はいたしかねます。

 

 

EcoFlowポータブル電源が 故障した場合は?

製品の仕様や技術的な内容、使用方法および不具合などに関するお問合せは、下記までご連絡ください。 メール. 日本語のみ support.jp@ecoflow.com.

EcoFlow Japan公式オンラインストアでご購入されたすべての製品には、24ケ月ないし12ケ月の限定的保証がつきます。保証期間は、商品到着日から起算され、製品を使用することにより、保証規定に同意したものとみなされます。

(公式サイトより引用)

 

 

EcoFlow(エコフロー)社の会社情報と公共実績

社名 EcoFlow Technology Ltd,.
設立 2017/6/26
所在地 深圳市前海深港合作区前湾一路1号A栋201室
日本支社 EcoFlow Technology Japan株式会社
代表取締役 安齋美子
資本金 500万円
設立 2019/4/25
事業内容 コンピュータソフトウェア及びハードウェア、電子機器並びに新エネルギー商品の売買
所在地 〒136-0076

東京都江東区南砂二丁目36番11号 プライムタワー東陽町8階

代表電話 03-6666-8366(平日10:00~12:00、13:30~17:00 祝祭日を除く)

「EcoFlow」は中国・深圳市のブランドです。

「EcoFlow」は、今回3年ぶりの開催となる、青森県青森市で2022年8月2日から7日に開催される夏祭り・青森ねぶた祭(明かりを灯した巨大な灯籠(=ねぶた)を山車に乗せて練り歩く大変華やかなお祭りです。)においてEFDELTAイーエフデルタが使われるとアナウンスされています。これまでの燃料型発電機を使用せず、太陽光由来のエネルギーを活用した、蓄電池搭載の脱炭素ねぶたを今回初めて運行します。

具体的には、EcoFlowの400WソーラーパネルでEFDELTAイーエフデルタを充電し、ねぶた本体に搭載することで、ねぶたのライトアップの電源として使用されます。1980年に国の重要無形民俗文化財に指定され、以降毎年、延べ200万人以上の観光客が訪れるので、きっと盛り上がるでしょう。

​※画像は令和3年度の写真を使用し、画像の一部はイメージです。実際の仕様とは異なる場合がございます。

※脱炭素ねぶた運行に使用される製品
EFDELTAイーエフデルタDELTA Pro 8台
製品詳細:https://jp.ecoflow.com/pro ducts/delta-pro-portable-power-station

(ニュースリリース配信サービスのPR TIMESより引用)

製品が多すぎて何を基準に選べばいいのとお悩みの方は公式サイトの【失敗しないポータブル電源の選び方】を読めば15分でポイントが掴めます。

【失敗しないポータブル電源の選び方】

★★★EcoFlow(エコフロー)の公式サイトで期間限定キャンペーンを確認★★★

※リンク切れの場合、キャンペーンが終了しています。ご了承ください。

 

 

【2023年最新】EcoFlow(エコフロー)ポータブル電源 うるさい?口コミ評判・レビュー! 圧倒的にEcoFlowがおすすめな理由やどこの国?EcoFlowはどこで売ってる・売ってる場所!製品RIVER Max Plusリバーマックスプラスの違いを比較!大容量なのにフル充電は1.6時間で完了の高速充電!口コミでわかったEcoFlow の評価やメリットデメリットを徹底検証♪エコフロー 電源が入らない?怪しい?EcoFlow Technology Japan株式会社・どこの会社?リバー・リバーマックス・リバープロ・イーエフデルタ・DELTAデルタ 2シリーズのスペック性能や特長・寿命はある?性能を維持した使い方は?ポータブル電源のデメリットは?スマートホームパネル・ソーラーパネル 互換性・エコポイント・キャンペーン・タイムセール・故障の場合もチェック♪DELTA2デルタ2を追記!|まとめ

今回は、全く新しいカタチの「EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源」をEcoFlow(エコフロー) のポータブル電源 評判・レビュー! RIVER Max Plusリバーマックスプラスの違いを比較!世界最速で充電可能!口コミでわかったEcoFlow(エコフロー) の評価やメリットデメリットを徹底検証♪エコフロー 電源が入らない?怪しい?どこの国?EcoFlow Technology Japan株式会社・どこの会社?リバー・リバーマックス・リバープロ・イーエフデルタシリーズのスペック性能や特長・寿命はある?性能を維持した使い方は?ポータブル電源のデメリットは?スマートホームパネル・ソーラーパネル 互換性・エコポイント・故障の場合もチェック♪と題して紹介しました。

 

「EcoFlow(エコフロー)社のポータブル電源」は、アウトドア活動、車中泊、キャンプ、DIYにご興味がある方におススメです。

防災用の家庭蓄電池、防災グッズを購入検討している方にも、よい製品だと思います。使い方によってはコスパに優れたポータブル電源使いができます♪

 

繰り返し整理すると、

EcoFlowのポータブル電源の評判の要因は

急速フル充電

・ワット数の高い家電も使える点も大きいです。

・しかも、液晶パネル表示が見やすく、わかりやすい!
USBの急速充電にも対応してるのも便利ですね!

・EcoFlowポータブル電源の充電方法として家庭用コンセント(AC)から急速フル充電することもできますし、車中泊やキャンプなどで車のシガーソケットを活用しての充電(走行充電など)もできます。
さらに、
太陽光を利用したソーラー充電、
発電機からの充電も可能としている点は見逃せません。

つまり4つの充電方法から選べるというのも大きな要因です。

 

以上エコフロー のポータブル電源のメリット、急速フル充電・家電も使える・見やすい液晶パネル・USBの急速充電にも対応・4つの充電方法が、EcoFlowの魅力です。

 

EcoFlow(エコフロー)の販売店は、一番お得に買うなら公式サイト。

EcoFlow(エコフロー)を一番お得(最安値)で買うなら公式サイトが一番おすすめ
AmazonやYahooショッピングでも買えるEcoFlow(エコフロー)ですが、一番お得に、一番安心して買えるのは公式サイトです。

EcoFlow(エコフロー)を公式サイトで買うと返金保証がある。

EcoFlow(エコフロー)を公式サイト以外で購入するならニセモノだけは気を付けて!!

 

 

★★★EcoFlow(エコフロー)の公式サイトで期間限定キャンペーンを確認★★★

※リンク切れの場合、キャンペーンが終了しています。ご了承ください。
世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

 

 

(写真、スペック、カスタムレビューは、公式通販サイト・EcoFlow(エコフロー)社の楽天市場店 Amazon店・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES、さらにTwitterのツイートより引用)

 

 

関連記事

Ampere Time(アンペアタイム)社 のバッテリー 評判・レビュー! 口コミでわかったAmpere Timeの評価やメリットデメリットを徹底検証♪どこの国?どこの会社?Ampere Timeのスペック性能や特長・寿命はある?性能を維持した使い方は?故障の場合・クーポンコードもチェック♪

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-生活家電・ wifi

© 2023 知っ得情報 - グルメ・飲食・生活系 ブログblog Powered by AFFINGER5