管理人:執筆者M

こんにちは! ■ブロガー■【経歴】飲食業界20余年■大阪在住■こちらのブログでは、飲食にまつわる話や新商品に関するニュースや商品レビュー、くらしの情報を中心にご紹介してゆきます。

生活家電・ wifi

エレコム IPX5防水のキーボード3機種の違いと評判!TK-WS01UMK・TK-WS02DMK・TK-WS03BMKの特徴と分解しないで水洗いで掃除できるレビュー・口コミを徹底検証♪評価、評判メリットデメリット・洗い方もチェック♪

エレコムから分解しないで水洗いで掃除できるIPX5防水のキーボード

エレコムから分解しないで水洗いで掃除できるIPX5防水のキーボード3機種が発売され、話題になっています。

有線タイプ「TK-WS01UMK」、2.4GHz無線タイプ「TK-WS02DMK」、マルチペアリング機能搭載のBluetooth無線タイプ「TK-WS03BMK」の3機種!防水・抗菌に対応し分解しないで水洗いで掃除できるIPX5防水のキーボードです。

従来のキーボードとの違いは、分解しないですき間にたまったホコリや、こぼしてしまった飲み物なども、水洗いで簡単に掃除できる点です。水が溜まりにくく、排出もしやすいのが特徴の製品です。

本体裏面の水抜き穴から簡単に水を排出できるため、掃除しやすさが際立っています。

今回は、エレコムから分解しないで水洗いで掃除できるIPX5防水のキーボード3機種をレビューします♪

有線タイプ「TK-WS01UMK」、2.4GHz無線タイプ「TK-WS02DMK」、マルチペアリング機能搭載のBluetooth無線タイプ「TK-WS03BMK」の3機種のレビュー・口コミを徹底検証し、性能から特徴まで丸裸にしちゃいました♪

 

 

 

エレコムから新発売の、水洗いでホコリを除去できるIPX5防水のキーボードの性能・スペックと特徴

有線タイプ「TK-WS01UMK」、2.4GHz無線タイプ「TK-WS02DMK」、マルチペアリング機能搭載のBluetooth無線タイプ「TK-WS03BMK」の性能と特徴を見ていきたいと思います♪

 

有線タイプ「TK-WS01UMK」、2.4GHz無線タイプ「TK-WS02DMK」、マルチペアリング機能搭載のBluetooth無線タイプ「TK-WS03BMK」の性能・スペック

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の共通の仕様

キーピッチ:19mm
キーストローク:2mm
ホットキー数:13キー
キー配列:109キー(日本語配列)
本体サイズ:436.6(幅)×26.7(高さ)×148.7(奥行)mm(スタンドを含まず)

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の重量

有線タイプ「TK-WS01UMK:約500g(ケーブル含む)
2.4GHz無線タイプ「TK-WS02DMK」:約498g(電池を含まず)
Bluetooth無線タイプ「TK-WS03BMK」:約492g(電池を含まず)

 

「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の電源(無線タイプのみ使用)

「TK-WS02DMK」:単4形乾電池1本(アルカリ乾電池/マンガン乾電池ニッケル/水素2次電池に対応)
「TK-WS03BMK」:単4形乾電池1本(アルカリ乾電池/マンガン乾電池ニッケル/水素2次電池に対応)

 

「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の想定電池使用期間

「TK-WS02DMK」:約8か月
「TK-WS03BMK」:約1年間

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の対応OS

「TK-WS01UMK」:Windows 11/10、macOS Monterey、Chrome OS
「TK-WS02DMK」:Windows 11/10、macOS Monterey、Chrome OS
「TK-WS03BMK」:Windows 11/10、macOS Monterey、Android 11、iOS 15、iPadOS 15、Chrome OS

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の市場想定価格

「TK-WS01UMK」:4,280円
「TK-WS02DMK」:5,480円
「TK-WS03BMK」:5,779円

※いずれもボディカラーは、ブラックとホワイトの2色です。

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の特徴と洗い方

・IPX5相当の防水設計

洗い方はカンタン。すき間にたまったホコリや、こぼしてしまった飲み物なども、水洗いで簡単に掃除できる。

・抗菌加工

菌の繁殖を抑え、本体を清潔に保つ(抗菌範囲はキーパッド筐体、印刷部分)(一般財団法人日本規格協会(JSA)が定める抗菌性試験に準拠)

・汚れが目立ちにくい

ボディカラーはブラックとホワイトの2色。キートップを浮かせたアイランドタイプのデザインを採用。

 

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」のレビュー・口コミ・評価評判を徹底検証♪

それでは、「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」のレビュー・口コミを確認していきましょう♪

……と言いたいところなのですが、「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」は発売が2020年5月2日なので、レビューは見つかりませんでした。

今後発売後にレビューが増えてくると思いますので、また更新させて頂きますね^^

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の残念なレビュー・口コミ

 

 

「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」の良いレビュー・口コミ

 

 

 

 

エレコム IPX5防水のキーボード3機種の違いと評判!TK-WS01UMK・TK-WS02DMK・TK-WS03BMKの特徴と分解しないで水洗いで掃除できるレビュー・口コミを徹底検証♪評価、評判メリットデメリット・洗い方もチェック♪|まとめ

エレコムから分解しないで水洗いで掃除できるIPX5防水のキーボード3機種「TK-WS01UMK」「TK-WS02DMK」「TK-WS03BMK」が発売され、話題になっています。

IPX5防水のキーボードなので、防水・抗菌に対応し分解しないで水洗いで掃除できます。

 

価格はキーボードとして高価なのは難点ですが、使い方によってはコスパに優れた一台です♪

(写真、スペック、カスタムレビューなど、エレコムの公式サイト・Amazon店より引用)

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-生活家電・ wifi

© 2022 知っ得情報 - グルメ・飲食・生活系 ブログblog Powered by AFFINGER5